top of page
検索

床の貼替えDIY!抑えておきたい注意点 - 美しさと耐久性を手に入れよう!

更新日:2023年8月31日



”自宅やオフィスの床をDIY”でリフレッシュしたい方、ぜひ参考にしてください!!!

床のdiyやってみた。
フローリング張替えは、室内の雰囲気や印象を大きく変える一つの方法です。 新しいフローリングは、快適さ、美しさ、耐久性を追求するためのキーポイント。 この記事では、フローリング張替diyの注意点をご紹介します。



目次









①プロに頼む場合の費用を確認


まずは、プロにお願いした場合の材料別に、施工費用を確認しておきましょう。

新しく選択する床材

費用の目安(6畳の場合)

クッションフロア (厚み 3~4㎜)

7〜12万円

フローリング   (厚み 12-15㎜)

12〜20万円

カーペット    (厚み 6㎜)

5〜10万円

神奈川県 /藤沢市/鎌倉市/茅ヶ崎市/大和市/海老名市/横浜市/東京都23区/

出張可能 https://www.wt423.jp






② フローリングの種類と選び方


フローリングの施工方法には接着剤を使用するものや、クリック式のものなど、さまざまなタイプがあります。床材を選ぶ際に特に気をつけたいポイントは、床材を選ぶ際に部屋の中で段差を作らないように材料を選ばなければいけません。

※床材はモノによって3㎜〜15㎜と、厚みが異なります。既存の床材の厚みを調べることにより、材料選びで失敗しません。



起こり得る失敗とは?


例えば、一部屋の床を貼り替える場合に廊下との取り合いで、張り替えた床と、貼り替えていない床とで段差が生じる可能性が有ります。特にマンションで床を張り替える時に生じやすい問題です。事前に部屋への、適合性を確認しておく事が失敗しない為のポイントです。

床材の厚みに注意してください。


フローリング貼ってみた
フローリング材の厚みは12mm-15mmあります。定期的にメンテナンスをする事で長く愛用できます。

クッションフロア貼ってみた
クッションフロア(木目がプリントされた樹脂系の材料 3㎜前後)耐久性がありお手入れが容易。






③ 床の張替えDIYに挑戦! 施工のステップバイステップ


  1. 準備作業: 既存のフローリングを取り外し、床下の状態を確認します。

  2. 下地処理: 床下の状態に合わせて下地処理を行い、平坦な基盤を作ります。

  3. フローリングの取り付け: 選んだフローリングを取り付け、適切な方法で固定します。

  4. フィニッシング: 最後に継ぎ目や隅の処理を行い、きれいな仕上がりを確保します。


作業効率と時間の節約!


DIYで床の張り替えを行う場合、作業に慣れるまで時間がかかるかもしれません。技術的な限界や経験の不足から仕上がりにムラが生じる可能性があります。また、プロに依頼すれば

DIYで得られる達成感はありませんが、自分の時間を他のことに充てることもできます。

※上記"①プロに頼む場合の費用を確認" を参考にしていただき、お客様にとって最善な選択をしていただきたいと思います。



④フローリングのお手入れとメンテナンス


新しいフローリングを美しく保つためには、定期的なお手入れが必要です。掃除や湿度管理、傷の予防に注意を払いましょう。正しいお手入れによって、フローリングの寿命を延ばすことができます。







結論: フローリング張替は、新しい空間を創り上げる楽しみを提供するだけでなく、快適さや美しさを実現する重要なプロジェクトです。適切なフローリングの選択と丁寧な施工によって、理想的な室内空間を手に入れることができます。

閲覧数:16回0件のコメント

Σχόλια


bottom of page